スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワーシェア機能付マイクロUSBケ-ブル

使わなくなったスマホをモバイルバッテリーに出来るケーブル
ミヨシ MCO パワーシェア機能付マイクロUSBケ-ブル ブラック 0.5m USB-MS25/BK USB-MS25/BK

使わなくなったzenfone5をモバイルバッテリーとして、使えるか、試してみました。

zenfone5のバッテリーが2110mAhで、moto G4 plusが3000mAhで、電力ロスも含めると、
100%に充電したゼンフォン5のバッテリーでもモトローラのバッテリーの回復量は40%くらいだと
思われます。

充電速度は、遅いですが、使わなくなったスマホを再利用が出来るのが良いですね。

注意事項
*使えないスマホもあるみたいので、買って確認するしかないってのが問題です。

*ちなみバッテリーにするスマホ、タブレットの充電端子がUSB、micro-USBで、電気を受ける
側のスマホの充電端子は、micro-USBでないと使えません。

*スマホからタブレットへの充電は、出来ません。

*バッテリー側のスマホがスリープすると充電が止まってしまうことが分かりました。
 その為、ディスプレイ表示の明るさを一番暗くして、スリープ時間を最大限に設定すると良いでしょう。

スポンサーサイト

tag : スマホ ケーブル 電力おすそ分け

デュアルシムデュアルスタンバイで、通信費を節約。

①デュアルシムデュアルスタンバイのスマホ
moto G4 plus
本体価格(税込):¥ 37,766 円

格安データシムカード(税込):3,240円
<合計(税込):41,006円

②毎月の通信費

ドコモのかけ放題2年縛りのみ(税込):2916円(ドコモのアドレスは、無くなります)

IIJのSMS付きデータ通信のみ(3ギガ)(税込):1123円(6ギガのプランは1792円)

合計(税込):4039円(固定)

③毎月のドコモの最近の最安値プラン(各自のプランによって異なります)
カケホーダイ+データS(2ギガ)+SPモード(税込):7,020円

④通信費の差額

2,981円

差額分の1年間の金額

35,772円

⑤本体価格とデータシムを差額でペイできる年月

41,006円÷2981円=13.76か月

*約14か月分の差額で本体等の初期費用をペイできる計算です。

*海外並行輸入だともっと本体価格が安くなりますが、一応、
電波法違反です(基本的に捕まらないらしい)。

*電話帳のデータ移行は自分で行う必要が有る為、インターネットで
勉強する必要があります。

人によっては、毎月の通信を節約できるかなと思います。

tag : スマホ moto g4 plus

2016年10月11日 W杯アジア最終予選 日本VSオーストラリア 予想

オーストラリアの状況
2連勝で、快調に予選を戦っているオーストラリアにとって、アウェーといえ、
アジアチャンピオンのオーストラリアが10月6日のサウジアラビア戦に引き分けたのは、
誤算だっただろう。
しかし、11日は、ホームでの戦い、しかも、凋落振りが半端ない日本代表であれば、
鎧袖一触!
勝点3、ゲットだせ!

日本代表の状況
反転攻勢のチャンスか!?
日本人は、古より逆境に陥った時こそ、力を発揮する民族。
(元寇、日露戦争、2010年W杯等。)

逆境①
アウェイでの戦い。

逆境②
アウェイゆえに、審判買収も不可能。

逆境③
好調なアジアチャンピオンとの戦い。

逆境④
主力選手の離脱。
(坂井、長友、岡崎?)

ここまで、追い込まれたら選手が一致団結して
オーストラリアに立ち向かう可能性が高い。

そうすれば、所詮は、同じプロ選手の戦い、
勝ちたいと思ったチームが勝つ事になる。

試合展開
日本が守りを固めて、オーストラリアが一方的に
攻める展開だろう。

スコア予想
1-0で、ワンチャンスを活かした日本の辛勝に期待!!

tag : W杯アジア最終予選 オーストラリア戦

人生、大逆転!

田知本 遥

柔道女子70kg級の選手。

ロンドンオリンピックからの略歴

ロンドンオリンピック:7位に終わる。

その後、不調に陥り、2011年世界ランキング5位、2012年世界ランキング4位から、2013年世界ランキング22位に転落。

引退を考えた2014年11月の講道館杯で優勝し、続投。

2015年2月にはグランプリ・デュッセルドルフに出場予定だったが、
市販の風邪薬を飲んで、ドーピング違反物質が入っている事が分かり、
コーチに報告して、試合を観る事も無しに、日本に強制送還された。

ドーピングで一年以上、強化選手を除外される危機に陥ったが、警告のみで済んだ。

2016年4月の選抜体重別で優勝し、リオデジャネイロオリンピック代表に選出された。

2016年5月のワールドマスターズには、ケガの為、出場を取りやめた。
このため、世界ランキングが12位に留まり、日本のリオデジャネイロオリンピック柔道出場選手の中で
唯一のノーシードでオリンピックに臨む事になる。

70キロ級は、強豪が多いのでシード権が有っても、強豪と当たるから、と考えていたが、2回戦で
世界ランキング1位の選手と当たる厳しいトーナメントになった。

2回戦の世界ランキング一位との戦いは、最初に世界ランキング1位に有効を取られるも有効を取り返して
延長で有効を取って勝利する。

トーナメントの映像
https://www.youtube.com/watch?v=8em8PJnbmrY

決勝は、指導1を先取されるも、相手の意表を衝いた右組み手からの谷落で技ありを取ると崩袈裟固で抑え込み、
合技で一本勝ちを収めて、リオオリンピック日本女子柔道選手で唯一の金メダルを獲得した。

決勝の映像
https://www.youtube.com/watch?v=HnBPkDIaAEg

かなりの不幸な状況になりながらも、金メダルを獲得した精神力が素晴らしいですね。

tag : 田知本遥

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。